ホーム  >  厳選観光コース  >  樫田コース

 

JR高槻駅北口

北側2番乗り場から「田能」「中畑」行きの市営バスに乗って出発。

「樫田方面」「出灰」バス停下車。

(バスの本数が少ないので、往復のバスのダイヤに要注意
※1日3本位しか無い)

 

 

 

   

 

 

素盞嗚尊神社 (すさのおのみことじんじゃ)

高槻市北部出灰に建ち、出灰川・田能川・渓谷川の合流地点付近に鎮座する。その名の通り素盞嗚尊(すさのおのみこと)を祀り、高い立木に囲まれ静寂に満ちた境内には、神仏習合時代の牛頭天王の灯籠が残る。また鳥居左にある御神木の巨大なカツラの木は、府の天然記念物に指定されるもの。

 

 

 所在  高槻市出灰小字堂ノ前
 アクセス  JR高槻駅から市営バス「樫田」方面行きで約35分、「出灰」下車、徒歩約5分

 

 

 

素盞嗚尊神社を参拝のあとは、さらに田能川を北上
途中に「せせらぎの里」で休憩も

 

 

尸陀寺跡 (しだじあと)

室町時代中期の禅僧、「一休咄(はなし)」でも知られる一休禅師が開創したといわれる草庵の跡。嘉吉2年(1442)、一休49歳の時にこの地を訪れたと伝わる。なお脇に立つ石碑は、昭和37年(1962)に地元自治会の手によって建立されたもの。

 

 

 

 

 

 

 所在  高槻市出灰
 アクセス  JR高槻駅から市営バス「樫田」方面行きで約35分、「出灰」下車、徒歩約20分

 

 

 

田能川に沿って北上、途中、田能川はポンポン山の?にそれるが、
道は村の中に入る

 

 

大神宮社 (だいじんぐうしゃ)

祭神に豊受姫命(とようけひめのみこと)をいただき、創建の年月は不詳だが、社伝によれば、元禄11年(1698)に本殿を造営したとされる。毎年2月に祈念祭、10月に秋祭り、12月には新嘗祭などが行われ、今も伝統の儀式に基づく神事が守り伝えられている。

 

 

 

 所在  高槻市大字中畑小字宮町1
 アクセス  JR高槻駅から市営バス「樫田」方面行きで約53分、「中畑」下車すぐ

 

 

参拝のあとは、長きにわたり樫田を見守る田能の鎮守りへ、
途中、文化財指定の古畑家あり

 

 

樫船神社 (かしふねじんじゃ)

樫田を見守るように鎮座する神社で大己貴命を祭神とする貞応元年(1222)に田能の村人たちの手によって造営され、神像と仏像が奉納されたといわれる。

社殿には木造の神像と船の模型が安置されている。「樫田」の名前の由来にもなったといわれる。今なお信仰厚き田能の鎮守だ。

 

 

 所在  高槻市田能小字コブケ8
 アクセス  JR高槻駅から市営バス「樫田」方面行きで約50分、中畑口下車、徒歩10分

 

 

 

山間の神社を心静かに参拝、府道を原方面に南下する。
ダンプが通るので要注意

 

 

高槻森林観光センター (たかつきしんりんかんこうせんたー)

気軽に森と触れ合える複合観光施設。

施設内には里山の恵みをふんだんに盛り込んだ料理がいただける食事処や、木々に囲まれ静かなひとときが過ごせる宿泊棟「槻の郷荘」、一年中シイタケ狩りが楽しめる「しいたけセンター」など豊富な施設が揃っており、四季を通じてさまざまな過ごし方ができる。

 

 

 TEL  072-688-9400  外来入浴時間(樫田温泉)  11:00~21:00
 所在  高槻市大字田能小字的谷2  定休  火曜
 アクセス

 JR高槻駅から市営バス「樫田」方面

 行きで約40分、

 「森林センター前」下車すぐ

 料金

 大人700円

 小学生500円

 幼児250円

 公式サイト www.o-forest.org/center.html    

 

 

 

 

神宮寺 (じんぐうじ)

樫田地区を代表する社寺である樫船神社の宮寺として、鎌倉時代初期に造営されたとされる。本尊である金箔が施された寄木造りの大日如来座像は、平安時代後期の作と見られており、市の有形文化財に指定されている。

 

 

  

 所在  高槻市田能小字下垣内
 アクセス  JR高槻駅から市営バス「樫田」方面行きで約45分、樫田小学校前下車、徒歩約5分

 

二料山荘 (にりょうさんそう)

元造り酒屋の「大西家」の酒蔵とその母屋を改修した研修・宿泊施設。酒屋は昭和18年(1943)に閉鎖されており、江戸末期の建築といわれる母屋には長い歴史が感じられる。初夏には前に流れる小川でホタルの乱舞が見られることも。

 

 

 

 TEL  072-688-9000
 所在  高槻市二料藤しろ23
 アクセス  JR高槻駅から市バス「樫田」方面行きで約45分、「樫田小学校前」下車、徒歩約5分

 

春日神社 (かすがじんじゃ)

縁起の詳細は、定かではないが、天文年間(1530年代)にこの地へ遍座したと伝えられている。また一角には、神社には珍しく鐘楼堂が建ち、神仏習合時代の名残りと見られる「春日大名神」の銘がきざまれた梵鐘が残っている。

 

 

 

 所在  高槻市大字杉生小字縄手
 アクセス  JR高槻駅から市営バス「樫田」方面行きで約52分、「杉生」下車、徒歩約3分

 

散策マップ

※クリックすると大きくなります

 

散策マップPDFダウンロード

 

 散策マップ表紙

 

 散策マップ

 

 

アイコンにマウスを合わせ、右クリックしてください。

表示されたメニューから「対象をファイルに保存」をクリックするとダウンロードできます。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしプリントアウトしてご利用ください。

オープンたかつき

オープンたかつき

高槻観光マップ

高槻イベントカレンダー

高槻アート博覧会

高槻シティハーフマラソン

高槻ジャズストリート

高槻まつり

食の文化祭

水都大阪

大阪ミュージアム構想

高槻市公式サイト

高槻のええとこブログ