高槻市観光協会公式サイト たかつきマルマルナビ

MENU
観る

あんこうじ

安岡寺

寺社仏閣摂津峡

神峰山寺や本山寺などと並び、高槻の山岳寺院の一つとして知られる天台宗系の寺院です。宝亀6年(775年)に光仁天皇(こうにんてんのう)の子、開成皇子(かいじょうおうじ)の創建と伝えられ、弟子の開智(かいち)が一石一字(いちじいっせき)の大般若経(だいはんにゃきょう)を書写して背後の岡に安置したことから、安岡寺般若院と称するようになったといわれています。国の重要文化財に指定されている木造千手観音坐像(もくぞうせんしゅかんのんぞう)は、もとは真上にあった安正寺の本尊と伝えられ、安岡寺の客仏(きゃくぶつ)として現在に至っています。

詳細データ

住所 高槻市浦堂本町41-1
TEL 072-687-0727
アクセス JR高槻駅北から市営バス「上の口」行き(約15分)「浦堂」下車 徒歩15分

アクセスマップ

その他のスポットを探す

テーマで探す
ジャンルで探す
エリアで探す
Copyright© 2017- 公益社団法人 高槻市観光協会
All Rights Reserved.
×