高槻市観光協会公式サイト たかつきマルマルナビ

MENU
観る

つげのじんじゃ・つげやまこふん

闘鶏野神社・闘鶏山古墳

古墳・遺跡寺社仏閣今城塚

氷室地区の氏神神社です。闘鶏を「ツゲ」と読むのは鶏鳴が神託を「告げる」ことに由来するといわれ、名神高速道路にかかる陸橋が参道となっています。北面の丘陵には闘鶏山古墳(全長86.4m/前方後円墳)があり、平成14年(2002年)の確認調査では後円部から未盗掘の竪穴式石室2基が発見され話題となりました。石室内部のファイバースコープ調査では三角縁神獣鏡や石製の腕飾り、木棺の一部などが確認され、4世紀前半の三島の王墓と考えられています。

詳細データ

住所 (神社)高槻市氷室町6-1-9
(古墳)高槻市氷室町6、上土室2
アクセス JR摂津富田駅北から市営バス「公団阿武山」「西塚原」行き(約10分)「土室(はむろ)」下車 徒歩10分

アクセスマップ

その他のスポットを探す

テーマで探す
ジャンルで探す
エリアで探す
Copyright© 2017- 公益社団法人 高槻市観光協会
All Rights Reserved.
×