高槻市観光協会公式サイト たかつきマルマルナビ

MENU
Language
観る

あぶやまこふん

阿武山古墳

古墳・遺跡今城塚

茨木市堺の阿武山にある古墳です。昭和9年(1934年)に京都大学の地震観測施設建設の際に偶然発見されました。この古墳は盛土がなく、尾根の小高いところを幅2.5メートルの浅い溝を円形にめぐらせ直径82メートルにおよぶ墓域が区画されています。墓室の夾紵棺(きょうちょかん)から玉枕(たままくら)や金糸とともに男性の人骨が発見され、その人物は大化の改新で知られる藤原鎌足だとみられています。

詳細データ

住所 高槻市奈佐原
WEBサイト 高槻市ホームページ(史跡阿武山古墳)
アクセス JR摂津富田駅北から市営バス「公団阿武山」行き、または「大阪薬科大学」行き「消防署前」下車。徒歩30分(約2キロメートル、坂道)

アクセスマップ

その他のスポットを探す

テーマで探す
ジャンルで探す
エリアで探す
Copyright© 2017- 公益社団法人 高槻市観光協会
All Rights Reserved.
×
×